CAPTAIN MESSAGE

私は小学生の時から夢は世界平和でした。

私には難病を抱えた弟がいます。命の尊さを考えるのが身近だった私が、小学校の時、ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんの著書「とっとちゃんとトットちゃんたち」を読み、世界には戦争や飢餓に苦しんでいる人がまだまだたくさんいるという現実を知ったことがきっかけです。

自ら呼吸することもできない弟が唯一できること、それが「笑顔」でした。

私も、弟のように自分の笑顔で誰かを笑顔にしたいと思い、大学生の時チアリーディングを始めました。

チアリーディングとは、相手を応援するスポーツです。自分の表現で、声で、笑顔で、目の前の人に元気と勇気と笑顔を与えます。つまりそれは相手を思いやるということなのです。

私は相手を思いやるという時間は、人として一番尊い時間なのではないかと思います。

大学卒業後は、3年勤めた会社を退職し、「世界中の人と友達になることが世界平和の第一歩」だと思い、13ヶ月かけて世界30カ国ほどを一人で周ってきました。世界中の人と触れ合う中で、どんなに肌の色が違くても、文化や宗教が違くても、新しいお友達ができたら嬉しい、家族が病気になったら悲しいなど、人が感じる心はみんなみんな同じなのだと改めて感じました。

人が人を殺し合う戦争や、富の不平等からくる飢餓の問題は、人が引き起こしているから、人が解決できる問題だと思っております。私たちはみんな同じ心を持っているからこそ、世界中の人と人はもっと仲良くなれる、手と手を取り合い、より笑顔あふれる地球になれるはずだと確信しています。

そこで、人と人を笑顔で繋ぎ、世界中の人々が多様性を認め合い、手と手を取り、笑顔あふれる地球づくりを実現するために、応援のスポーツであるチアリーディングを通じて、諦めない前向きな気持ち、協調性、相手を思いやる心を国内外問わず広める活動をする為SC HURRAYを立ち上げました。SはSMILE(笑顔)とSPIRIT(精神)CはCOURAGE(勇気)そしてHURRAYは、敵味方関係なく、健闘を称える日本の「フレーフレー」の応援の語源です。

人は、応援される側はもちろんですが、応援する側になった方がよりイキイキ、頑張れると思うのです。

ダンスが踊れなくても、声が出せなくても、手足がなくても、誰かを応援する気持ち、相手に、元気と勇気と笑顔を与えようとする思いやりの気持ちがあれば、誰だって、誰かのチアリーダーになれるのです。

思いやりの心は国境を越え、笑顔はどんな武器よりも強い力をもっていると信じています。

どうぞご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

CAPTAIN

松本真奈美

法  人  名:特定非営利活動法人 SC HURRAY

所     在:東京都港区南青山5-13-2 南青山池田ビル7階

代  表 :松本真奈美

設     立:2011年8月7日(法人化:2018年6月)

電話番号 :050-5326-3869

E- m a i l:info@hurrayers.co.jp

​​2018年度事業報告

2019年度事業報告

Organizations name:NGO SC HURRAY 

Main Office:Minami Aoyama Ikeda Bldg. 7F,

                       5-13-2, Minami Aoyama Minato-ku, Tokyo 107-0062, Japan

Representative Director:Manami Matsumoto

Date of establishment:August 7, 2011

Phone number:050-5326-3869

© 2020 SC HURRAY

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram